『おもしろい』を形にする

『箱に纏わる話』解説 3 『壷』は奇妙な動きをする・・・

2015年03月04日 23:18

『悪魔の壷』の話の続きです。はい。

さて、切り札の扱いの時点で随分、ケッタイなゲームであることに気づいた人は―――――

深遠なる『悪魔の壷』の世界に、片足突っ込んでます。お気をつけください。

 

さてさて。このゲームはマストフォローなんですが、フォローできない状態ってのが結構発生するんですね。

フォローできない状態ってのは、結構ミソなのです。

 

例えば、赤がリードされたので、赤でフォローしなくてはならないが、手札に赤がない。

みたいな。

で、手札に赤がないので、仕方なく青を出した。

するとどうなるか。無条件で負け?違うんですよ。

このゲームでは、問題になるのは、数字だけ。トリックの取得云々に色はまったく関係がない。

出されたカードに切り札がなければ、一番大きい数字のカードが勝ちますし、

フォローできてようが出来てまいが、基準値以下なら『切り札』扱いです。

例)

                     Aが赤23をリード      Bが赤11でフォロー    Cが赤がないので青17をプレイ

 

この場合、基準値19以下は切り札なので 赤11 と青17が 切り札です。

なのでより大きい数字である 青17 がトリックを取得し、次以降の基準値は17になります。

 

このルールと基準値のルールとのシナジー効果が、如何に怪しく厭らしい状況を作り出すか-―――わかるかな~?

このルールを考えた人天才だと、感心するよ。マジで。

(続く)

 

あーそうそう。『それっぽい箱に纏わる話』 は ネットショップボードゲームフリークにて 絶賛委託中。ヨロシク

http://bgf.shop-pro.jp/?pid=87531532

戻る

サイト内検索

© 2014 All rights reserved.| は無断で加工・転送する事を禁じます。