『おもしろい』を形にする

『箱に纏わる話』解説 1 『トリックテイキングゲーム』ってなんじゃらほい?

2015年03月03日 09:12

まいど。お世話になっております。あるかでぃあ の奥村です。

この度は、GM大阪 のあるかでぃあ の作品をお求め頂まことにありがとうございます。

 

今回は『それっぽい箱に纏わる話』 の補足説明をさせていただこうかと思います。よろしくお願いいたします。

 

このゲーム、どんなゲームかと申しますと、『マストフォロー型のトリックテイキングゲーム』に属するゲームです。

この一言でゲームの説明の7割が片付いてしまうのですが。。。はい、解りませんね。すんません。

では、手始めにトリックテイキングゲームとはどんなものか~という付近から解説していきましょう。

まず、カードにはスート(ハートやスペードのような印、あるいは色 などの属性を示す物)があります。

『箱に纏わる話』の場合は 赤 青 黄色 の三色があります。

まず、スタートプレイヤー(リーダー)は手札からカードを一枚出します。

このとき、赤のカードが出された場合、他のプレイヤーは 『可能な限り』 赤のカードを出さなくてはなりません(マストフォロー)。

全員が何からかのカードを一枚ずつ出したら、一番強いカードを出した人を決定します。

原則的に、一番大きな数字のカードが一番強いカードとなります。

一番強いカードを出したプレイヤーは、今プレイされたカードを全部獲得し(トリックテイク)、次のリーダーとなり、ゲームを続行します。

 

これが、基本的な『マストフォロー型』の『トリックテイキング~』というものの概要です。

(続く)

あーそうそう。『それっぽい箱に纏わる話』 は ネットショップボードゲームフリークにて 絶賛委託中。ヨロシク

http://bgf.shop-pro.jp/?pid=87531532

戻る

サイト内検索

© 2014 All rights reserved.| は無断で加工・転送する事を禁じます。